パパ活男性の予算はどれくらい必要なのか? デートのお手当平均、ホテル代の相場解説

パパ活男性

パパ活男性は女性にお手当をあげる必要がありますので予算の金額について記事で解説します。そこで、一般的にパパ活男性はデートの時にどれくらいの費用が掛かっているのでしょうか?あまりにも贅沢なデートは想定していませんが、一般的なデートを想定してまとめています。

パパ活アプリや交際クラブの利用料金はどれくらい?

まずは最初、男性がいざ女性を探すとなると、交際クラブやパパ活アプリを使用することになるでしょう。安全にパパ活をしようと思うならパパ活アプリもあまりお勧めしません。理由は業者が多いからです。慣れている方であれば問題ないですが、初心者の方は交際クラブのほうがおすすめです。場所によりますが予算について一覧でまとめました。使いかた、媒体のサービスの内容によっても予算は変わります。決める際は目的なども加味して、出張、宿泊、ホテル、食事などでそれぞれ予算を決めていきましょう。

パパ活アプリの予算

まずパパ活アプリの場合ですが、3大メジャーアプリであるラブアン、シュガーダディ、ペイターズの月額料金が以下になります。またペイターズの場合は別途ポイント課金もあるのでさらにお金がかかるケースもあります。パパ活アプリの場合は総じて、マッチングアプリよりも機能の利用料金が高いのが問題です。20代前半の女性会員だと高い報酬を求めてきますが、30代以降なら手当てを抑えられます。少し余裕を持たせたければ、デート費用を抑えると良いでしょう。

媒体料金
ラブアンゴールド:5980円
プラチナ:17800円
シュガーダディ8000円
ペイターズ有料会員:12000円
ゴールド:24000円

交際クラブの場合

交際クラブの場合は女性は完全無料でも男性は入会費、年会費、さらには紹介費がかかります。紹介費用は女性一人に対してかかってきますからかなりの出費になります。ただし交際クラブはアプリのように業者がいませんのでかなり楽です。ユニバース俱楽部のプランを調査したら運営の費用としては2万円くらいからになり、高めになります。別でランチなど店での交際費もかかります。高級クラブだと20万円かかるケースもあるようです。

媒体費用
ユニバース俱楽部入会費:30,000円~
年会費:20,000円~
紹介費:20,000円

また交際クラブの場合は誕生日やクリスマスなどにプレゼントを女子にあげる方も多いですね。交際クラブの場合は富裕層パパが多いです。以下のようなものを女子にあげると喜びます。予算は目安で10万円~100万円以上となりますのでいくら出せるか、価値を考えて高級なものを買えるかはリッチなパパ次第になります。美人の女の子ほどチャンスです。

  • バッグ
  • 財布
  • 時計
  • アクセサリー(ブレスレット、ネックレス、ピアス)
  • 靴(パンプス)

出会い系サイトの場合

出会い系サイトの場合は、コスパが良いように見えますが重要なのがポイント制となり、メッセージ送信で1回につき7ptくらいかかります。100ptで1000円支払いが必要になることや業者しかないことを考えれば出会い系サイトは予算の余りない男性以外利用メリットが一切ありません。最後の頼みの綱は大久保公園のたちんぼになるでしょう。立ちんぼの場合は病気リスクもあるため、危険です。地域によっては恋愛を希望する女性もいます。

パパ活におけるデートにかかる費用はどれくらい?

次はデートにかかる費用です。実際パパ活の場合はすべて費用は男性持ち。パパ活は、女性の合意さえあればどんなデートでも可能になります。食事だけでなく、旅行やアウトドア、映画やゴルフ、ドライブなどありますが最もお金がかかるのはホテルです。以下は交際クラブを想定した費用になります。これがモデルクラスの良い容姿と会うとなると、費用は高くなります。その一方で、30代、40代女性となると、費用は安くなります。交通費を上げるかどうかはパパによります。

デート種類交際クラブ
20代普通レベルの女性
顔合わせ 5,000円〜10,000円
 食事のみ 5,000円〜20,000円
 カラオケ・買い物デート 20,000円〜20,000円
 旅行デート 20,000円〜100,000円
 大人の関係有 30,000円~100,000円

また上記の場合は交際クラブの場合であって、最もお手当の高い媒体です。これがパパ活になったり、大久保公園の立ちんぼになると相場は一気に下がります。理由は女性の容姿レベルが落ちることが挙げられます。以下は大人の関係になりますが、他のデートでも同様に差が出ます。さらにマナーや性格なども加味します。また全体でキャバクラなどのスタイルのよい夜職よりは素人の女性の方が好まれます。

20代普通レベルの女性
交際クラブ 30,000円~100,000円
パパ活アプリ 20,000円~30,000円
出会い系サイト
立ちんぼ
 10,000円~15,000円

また上記は契約形態が都度になります。月極になる場合は以下の記事を参考にしてみてください。もらえる1日あたりの稼ぐ金額がいくらか変わってきます。そのためたくさん稼げるかは会う頻度で変わります。条件の設定は会う前に決めましょう。知ってる限り、事前に決めます。

交際クラブの場合

交際クラブの場合は太パパが多いということもあり、最もデート代が高くなります。デートコースもかなり豪華になりやすいので、出費は多くなっていきます。お茶だけ、食事デートだとしても1万円以上もらえることが多いですのでかなり稼げます。業者がいないので一番出会える媒体です。お金持ちが多いので女子が希望する額も高くなります。しかし募集したら相手探しには苦労しません。

アプリの場合

アプリの場合はあまり資金のないパパが多いです。交際クラブと比べると普段会っているような一般層の男性が多くなりますので、手当も普通レベルに落ちていくことになります。プロフィールには年収がありますが、詐称している男性が多いです。マッチングしても肩透かしになることもあります。高額なレストランなど行かずとも、雰囲気を大切にすれば良いデートは可能です。

出会い系サイト、立ちんぼの場合

出会い系サイトや立ちんぼの場合は大人の関係以外、そもそも手当がないケースが多いですね。最悪の場合は大人の関係でも手当がないというケースがあります。これは低所得男性が多いことが最大の理由です。女子は良くても1万円以上もらえるかどうか。出会い系はどうしても質が低いです。ワクワクメールやハッピーメールなど選ぶのはちょっとおすすめできないです。

無職は不利に働く傾向がある

いくら20代のかわいい子でもやはり無職は不利。始めて相手が見つかり、交際ができる女性はやはり大学生や会社員。仕事を持っていると効率的に理想の男性が見つかります。女性も求める応援してくれる男性が見つかります。当たり前ですが得体の知れない無職は男性から見ても付き合いで需要は低く、怖いです。都市部では基本的にある程度複数に効率よく会えるので無職を考える男性はいません。

デート平均予算はどれくらい?

パパのデート予算としては年収1000万円の場合、1か月につき5万円を想定するケースが多いです。多くの男性は、もちろん月に使える予算を決めて負担を少なくしてしています。初めての方は結果としていくらかかるのかわからない方もいますので詳細の費用を試しに参考にしてください。パパの資産、年収はそれぞれ違うので値段はお財布事情によります。重視したいポイントを決めましょう。当日はスムーズに可愛い子とデートできるようにしましょう。

月の予算

月のパパの予算額は5万以下を想定している男性が多い傾向です。また既婚者男性と独身男性とでは、予算は変わってきます。豪華なレストランでのお食事をイメージするかもしれませんが、それはTwitterなどにいるPJのイキリTweetを見てしまっているケースがほとんど。大半のアカウントは業者ですので、あまり参考になりません。

現役パパのデート予算が5万以下と言っている根拠は以下になります。最近、新生銀行が実施しているサラリーマンの1か月のお小遣いを見ると、37000円~46000円にしているケースが多いです。これが一般的なパパの予算になるのです。できれば失敗しないためにも出会うには無理なく過ごすための金額が良いです。スタートするさいは一定の費用が掛かることは頭に入れましょう。

5万円の予算の場合のシミュレーション

もし予算が5万円としたら場合はどのような使い方になるのかを以下に例を出しました。以下の例はアプリのラブアンを使って顔合わせを2回して、そのうち1人と大人の関係になった時の出費です。ホテルに1回行くだけで5万円くらいは簡単に飛ぶ計算になります。一般的なサラリーマンだと定期の女子を見つけたとしてホテルに行けるのは月に2回くらいです。

対象女性は20代で容姿は普通レベル

  • アプリ月額料:5,980円
  • 顔合わせお手当:5,000円* 2回
  • ホテル代 : 5000円
  • 大人の関係手当 : 20000円

予算がないパパの場合シミュレーション

上記の場合はアプリを使った想定ですが、予算がない一般サラリーマンの方でも可能です。中小レベルの小さな交際クラブであればユニバース俱楽部のような費用は掛からないです。活動を工夫することで出費を抑えることは可能でしょう。やや年齢の上がった女性になってしまいますが、以下のような交際相手を見つければ月の出費は3万円~4万円くらいにできます。以下の例はアプリのラブアンを使って顔合わせを2回して、そのうち1人と大人の関係になった時の出費です。

対象女性は30代後半から40代で普通レベル

  • アプリ月額料:5,980円
  • 顔合わせお手当:1,000円* 2回
  • ホテル代 : 5000円
  • 大人の関係手当 : 10000~15000円

業者を避けたければ交際クラブが良い

上記でも説明した通り、アプリや出会い系サイトの場合はどうしても業者が多いという問題に直面します。避けたい場合はしっかりしている交際クラブ一択になります。デメリットが少なく、仲良く交際ができるし風俗嬢、キャバクラ嬢などの夜職も避けることができます。体験で入ってみることをお勧めします。新規の方でも18歳以上であれば入会可能です。初回から楽しめるイベントもあり、都内なら基本的に活用できる倶楽部が多いです。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました