パパ活の条件とは? 聞かれた場合と伝え方 交渉するための方法

パパ活女性

パパ活は条件交渉の仕方が上手にいかないと報酬アップしませんので聞かれるまでや言い方、大人の手当アップの方法紹介します。しかしその手当は顔合わせのとき、もしくは事前に確認しておきたいというもの。当たり前ですがパパ活女子も手当てがほしいがゆえにパパ活をしているわけですから手当は一番大事なところです。しかしこの手当に関して聞くタイミングを誤ると、男性は去ってしまいますので注意が必要です。

パパ活における条件って意味は何?

パパ活においての条件とは、「お手当の金額」「デート内容」「体の関係」のカテゴリーなどで、相手との交渉のことを言います。どのような交際をするのか、そしてその交際に対していくら支払われるのかという話をします。時間があるときに相場を調べておきましょう。今回は聞かれたときの返し方、やり方、例文を無料でしっかりお知らせします。お互い報酬アップで嬉しい感じになれば最適です。前の段階で様子を見て、大きく応援してもらえそうならまとめて切り出しがよいです。納得してもらえます。

平均相場(顔合わせ、食事、大人の関係)

パパ活にも相場というものがあります。勿論金額は交際内容によって変わります。顔合わせ、食事、大人の関係などさまざまです。そして相場はパパ活女子の容姿レベルと年齢によって左右されます。年齢が30を過ぎると条件は平均より下げる必要があります。これは容姿レベルも同様で、モデルクラスでなければ条件は下げなければいけません。プロフィールしだいでもあります。初回で必ず交渉がもちろんおすすめですし普通に安心します。

都市顔合わせお茶・食事大人の関係デート
東京5,000円~1万円5,000円~1万円2~8万円
大阪5,000円~1万円5,000円~1万円2~8万円
名古屋5,000円~8,000円3,000円~1万円2~6万円
福岡5,000円~8,000円5,000円~1万円2~5万円
札幌3,000〜8,000円5,000円~1万円2~4万円
神奈川5,000円~1万円5,000円~1万円2~4万円
千葉、さいたま3,000〜8,000円3,000円~1万円2〜4万円

条件確認のタイミングはいつがベスト?

どれだけ美人な女性でも手当の交渉のタイミングを誤ると、パパに対して不快感を与えてしまいます。このタイミング次第でパパ側から去ってしまいますので一番神経をとがらせる必要があります。ではどんなタイミングで条件交渉をするのが良いのでしょうか?条件は自分から切り出すタイミングと、相手から聞かれるタイミングがあるはずです。この手の質問はパパ活アプリであれば、最初の段階で聞かれることが多いでしょう。交際クラブであれば顔合わせの段階でしょう。

最初は他愛のない話から始めるのがベスト

パパ活アプリや出会い系サイトを使用する場合は、できるだけ休日の過ごし方や、趣味など、とても無難な内容から始めることが好ましいですし大丈夫といえるやり取りになります。そこから徐々に深い話を振っていくことが望まれます。それができないと、仲良くなれずにスムーズにいかず、非常にギクシャクした会話になってしまいますのでお勧めできません。

いきなり聞くとがめつい印象を与える

いきなり現金で条件交渉を最初にしてしまうと、がめつい印象を与えます。テクニックとして、条件交渉は聞かれたら答えるのがベストタイミングですが、自分からいきなり交渉をしてしまうとマイナス印象を与えます。安全に進むためにはマッチングした後ではなく、ご飯など一緒に出会えるタイミングで教えてもらうことがベスト。

パパ活アプリの場合

シュガーダディ、ペイターズ、ラブアンなどの場合は、まずメッセージでやり取りをすることになります。いきなり条件交渉は厳禁ですが、だんだん打ち解けていくと交渉の話になるはずです。交渉をせずに顔合わせになると、最悪の場合、顔合わせ手当すらもらえない可能性がありますんでメッセージで聞いておいた方がいいでしょう。自分から条件を言ってもいいです。コツとしてある程度打ち解けてから話すことが望まれます。この段階で聞けない場合は顔合わせのときに条件交渉をしましょう。

交際クラブの場合

交際クラブの場合は男性から女性が指名されるといきなり面接になり、ホテルのラウンジなどで話をすることになります。このタイミングで相手に聞かれたら答えればいいですし、なにも聞かれない場合は自分から切り出すこともOKです。言い方には気を付けなければなりませんが、ある程度会話をしてから切り出す分には問題ないはずです。交際クラブの場合は最初の1回目、もしくは2回目に条件を聞きましょう。無理に何度も聴くことは好ましくありません。

いきなり条件提示はNG

パパ活アプリや出会い系サイトを使用していると、基本的に相手側からいきなり条件提示のテンプレメッセージのようなものを送ってくる人がいます。しかしこれは約束や相談において絶対にお勧めできません。このようなメッセージを送ってしまうと「誰でもいい」と言う印象を相手に与えてしまうから。絶対にお勧めしませんので、使い方として最初からそのまま送るのは辞めてください。

事前に決めておくべき条件はなに?

事前に決めておくべき条件は以下の内容です。値段のことだけではありません。成功するためにはお互い慣れやすく持っていくアプローチも必要になります。最近ありがとうとか、ワクワクしたなど言われた場合は定期になれるチャンスです。返信は大切にしましょう。そのためフィーリングや交渉術は最も大事です。今日パパが楽しい気持ちになっている時がお願いがおすすめ。

デート内容

⇒食事のみ、大人の関係あり、宿泊ありなど、どんなデートならOKなのか希望の条件や設定を上げておきましょう。いきなりお金を欲しいというのは辞めましょう。相手が断ることになり印象が最悪です。提示は相場の適性値で答えるのが無難です。対価として多くがもらえればラッキーです。逆にケチな人もいますので残念なケースもあるでしょう。少なくとも前払いで頂けるケースはほとんどないので注意しましょう。アピールしながら上記の交渉がおすすめ。

会う回数

⇒週に1回、月に2回など定期的に重ねてパパと会いたいと思った時、あと会う回数や頻度を決めましょう。ポイントは会いすぎもだめですし、あわなすぎも良くありません。会わなさすぎると他のパパ活女子にパパを取られてしまうリスクがあり、会いすぎでも体験談として言わせてもらうと疲れてしまうのでお勧めしません。せっかくなのに会う頻度が少なすぎるとフェードアウトにもなりかねません。楽しめるデートを提案して定期にしていきましょう。

手当の希望金額

⇒食事なら1万、大人なら2万など、お手当の希望金額を決めておきましょう。いくらがいいか?と聞かれるケースが大半ですが、聞かれずに黙ってしまうと、全く手当を払ってくれないケースがあります。その場合は自分から切り出してください。月極なのか、その都度なのかなども直接決めておいてください。いきなりはっきり高額の話しになることは稀です。また回数を重ねるまでは振り込みではなく、手渡しになるでしょう。

NG条件

⇒撮影NG、個室はNGなど避けたいことを先に伝えておくことはとても大事です。これを伝えておかないと、食事デートでトラブルに発展する可能性があります。提示はしておかないとなんでもOKと捉えられてしまいますのでリスクです。信頼関係が構築できない間はあれこれいうのはやめましょう。3万円でも10万円でもどちらでももし稼ぎたいならしっかり表現して伝えましょう。

どんな条件のきかれ方をするのか? 例パターン

どんな条件の切り出し方をされるのかは以下のパターンを参考にしてもらえればと思います。一つずつ解説をしていきます。どうしても初めての方はやりとりでたくさん意識することがあまりないので、対応が気になるかもしれません。基本は誘われたらきちんと判断して、自分の意見を連絡して伝えることが重要です。複数チェックするべきことがあります。貰う前にお断りを受けるケースもあるので要注意。困ってしまった場合はよく検討しましょう。

「どんな男性を探していますか?」と聞かれた時

このような質問をしてくる男性は、お金の話をされると大変嫌がる傾向があるので、いきなりお金の話はしないほうがいいです。「食事の関係希望」とか「大人の関係、セックスも視野に入れている」などと、誘いや付き合いのプランや内容から入って、徐々に手当の交渉に丁寧に誘導していく流れが良いです。先払いでもらうようにしてください。仮に手当が高くても振込などは危険です。

「条件はありますか?」と聞かれた時

この場合は具体的な金額を聞いていると考えてもらって間違いありません。このように聞かれているときはパパが実際にパパ活女子に会いたいと思い始めている段階ですので、正直に答えましょう。実際に会って気に入ってくれれば希望金額以上を支給してくれることもありますので、最初は控えめに言ったほうがかえって好感度は上がります。最低これからいただける金額の基準は決めておいてください。

「大人の関係は希望しますか?」と聞かれた時

この質問は肉体関係がOKかどうかを質問しています。ここは正直に答えたほうがいいです。ただし、完全に食事のみである場合は男性が引いていく可能性は高いです。ほとんどのパパは肉体関係を望んでいます。よほど飛びぬけた容姿の女性でもない限り食事のみは厳しいと思ってください。

男性から条件の話が出ない時

また、場合によっては顔合わせになっても条件の希望を男性側から聴いてこない可能性があります。お手当の話をしないまま顔合わせをしてしまうと希望額のお手当がもらえない可能性があります。この場合は女性側から話をしなければなりません。「、お会いするときの条件は決められていますか?」などと、少しやんわりした聞き方をするといいでしょう。何も決めていないと本当に何も出してくれないケースがあります。以下のようなケースがまさにそれです。

  • パパ活ではなく恋愛目的の男性
  • お小遣いなしでデートしたいと思っている男性
  • そもそもお手当を渡す気がなかったと考えている男性

顔合わせまでに条件は決めること

どんなに遅くても、あらかじめ実際のデートが始まってから条件を決めると揉めるケースがとても多いです。変なことで揉めるのは双方にとって良くないので、できるだけ顔合わせの時点までに決めておくことをお勧めします。出会えるまで経営者は身バレの危険性があるため、警戒しています。ペイターズやsugardaddyなどこんなアプリの出会いだとどうしても相手の素性が分からないため安全性と言う面で警戒心があります。今後は気分よくあうための努力も必要です。

高すぎる条件提示は危険なので注意

ここで注意なのはパパ活アプリや出会い系サイトのコンテンツを経由して会った場合の注意点ですが、パパ活目当てではなく、それ以外の目的で登録している男性も一定数います。具体的には以下のようなパターンです。ちょっと一緒に会える感じになったら事前に自己紹介などしておいた方が良いです。写真なども確かめておきましょう。セキュリティの面でも心配です。

  • 夜職スカウト
  • 投資詐欺
  • マルチ商法
  • 宗教勧誘

これらの人間は明らかにパパ活以外の目的で登録をしています。最初の手当てであり得ないほど高い金額で女性を釣って、何らかの投資をさせたり、職業の斡旋をしてくるケースですので、できるだけ応じないようにしてください。「いきなり定期契約を結ぼうとする」、「メッセージのやり取りをしていないのに、いきなり会おうとする」などはかなり危険と思ってくれて間違いありません。

条件が合わなかった場合の断り方

条件交渉が毎回うまくいくとは限らないのが現実です。条件が合わない場合はあまり相手を挑発するようなことは避けるようにしましょう。以下のようにやんわり伝えて次へ行くのがいいです。ていねいに断れば逆上されたり通報される心配もありません。悩むときや辞退するときは以下のようなパターンで返しましょう。

  • 条件が合わないようですので、申し訳ございません
  • すみませんが、難しいです
交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました