パパ活に身分証は年齢確認で必要? 交際クラブ、パパ活アプリ、出会い系サイトの登録

パパ活アプリ

パパ活アプリをするにあたって、年齢確認で必要なのが身分証ですので紹介します。実はパパ活をするにあたって、どの媒体を選んだとしても身分証の提出は必須になります。これがないとそもそもパパ活すらできないことが多いのです。なぜ身分証の提出は必須事項になるのでしょうか?

パパ活において、なぜ身分証が必要なのか?

パパ活はどの媒体を使っても登録時には身分証明書が不要でも、そのままだとメッセージを送る機能が制限されていて、まともにパパ活することができません。身分証明書を運営会社に提示しないと使えないようになっています。これはなぜかというと、18歳以上かどうかを見たいから。

「出会い系サイト規制法」 の第5条に「児童でないことの確認の方法」というのがあり、そこには以下の情報が必要と書かれています。これらの情報がないと、そもそも活動はできません。例外としてはクレジットカードなどで決済をすると同時に確認をするというシステムがあります。

  • 本人の年齢または生年月日
  • 身分証明書の名称
  • 身分証明書の発行元

身分証明書の種類はどんなものがある?

交際クラブ、出会い系サイト、パパ活アプリで有効な書類はいかのもの。住民基本台帳カードや在留カードも状態が有効であれば、おすすめ。基本的には公的な証明書であれば問題ないでしょう。活動の際には以下の持ち物は必須です。18歳かどうか、住所、年齢確認などで必須となりますし顔写真のある証明書が必須ですので注意。ラブアン、シュガーダディ、ペイターズなど公式サイトの登録で必須です。ちなみに年収審査などはありません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 学生証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民票

また、媒体のほとんどで提示が必須になります。立ちんぼを除いてほぼすべてのサイトで提出は必須です。身分証はちゃんと事前に内容を確認して、必ず取得しておいたほうが良いですし安心です。女の子は立ちんぼはおすすめしません。

身分証提示
交際クラブ
パパ活アプリ
出会い系サイト
立ちんぼ×

交際クラブ

交際クラブでは身分証提示は義務です。これは運営会社が本当に本人かどうかを確認したいから。またプロフィール作成をすることが多く、その時に年齢を偽ってしまうと、サービス提供に大きな支障をきたすことになります。さらに得体のしれない人を登録させることができませんので、しっかり本人確認することがほとんどです。デートも食事だけ、大人の関係などありますので安心できます。

パパ活アプリ

パパ活アプリも同様に確認を取ることがほとんど。むしろ確認をしないアプリのほうが珍しいレベルですので、身分証は必須となります。証明書は画像などで送信します。しかしパパ活アプリの場合は対面で身分証チェックをするわけではないため、少しアップロードするだけなので、PJの中には年齢詐称をするために撮影した身分証を加工してしまう方もいます。セキュリティは交際クラブよりも緩いです。試しにご飯から行く方が多くコンテンツはユーザーには使いやすいと言えるでしょう。

アプリ男女比 男性の月額料金URL
シュガーダディ(Sugardaddy)3:7一般会員:8,000円シュガーダディ
ペイターズ(Paters)2:8一般会員:12,000円【paters】
ラブアン(Love&)4:6一般会員:5,980円Love&(ラブアン)
パトローナ(Patrona)4:6一般会員:5,478円リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)
パディ(paddy)3:7一般会員:8000円安全にパパ活するならpaddy67
PJ3:7一般会員:9,800円マッチングアプリはPJ
ドロシー(DROSY)3:7一般会員:5,980円エリート大人の匿名マッチング「DROSY」
ぺリア(Peria)3:7一般会員:8,800円Peria

出会い系サイト

インターネット異性紹介事業の出会い系サイトでは身分証確認か、クレジットカード認証をするケースが多いです。出会い系サイトの場合は身分証を出さなくても使えるサイトも多いため、登録されているプロフィールが嘘っぱちであることも多いのが問題です。それがゆえに、違法デリヘル業者の巣窟のようになってしまっているのが実態です。オンラインで目的ごとに時間がある際に相手を見つけます。

立ちんぼ

立ちんぼは新しいカテゴリで全く認証が不要です。そのため何とでもできますので年齢詐称もできます。それがゆえに何も保証がないため、男女ともにとても危険な環境と言えるでしょう。何らかの事件となった場合でも自己責任になってしまいます。また未成年が混じっていることがあると聞いたことがあります。始める場合は以上のようなこともあり身分証は不要。本人確認すらありません。法律で18歳未満以外じゃないとできないのですが一部はどうしても混ざっていると聞いています。

パパ活の支払いはクレジットカードもあり

実は、提出する身分証はパスポート、マイナンバーカード、さらには免許証などがあるのですが、本人の顔が映っているものも多くあります。もし身バレが怖い場合はクレジットカードでもOKです。基本的に暗号化されていますので、アプリに提出した情報が第三者に広まることはないですが不安な場合はクレジットカードもおすすめです。男性の場合はクレジットカード決済が身分証提出の代わりになったりします。

身分証明書の偽造

身分証を偽造して活動をしてしまう会員がいますが、これはおすすめしません。私文書偽造罪にあたるからです。また、運営会社もかなりきちんと身分証明書をチェックしているので、バレるリスクがとても高いです。当然ながらバレてしまうと、強制退会になるのでリスクしかありません。利用者は無料で出会うにしてもポリシーや利用規約などはしっかり見ましょう。SNSなどではそれもないため大丈夫とはいえません。

年齢詐称

近年は出会い系サイトや婚活サイトなんかでも、女性が特に年齢詐称するケースが増えてきています。年齢を詐称して、身分証の生年月日だけを加工するというケースが急増していますが、これは絶対にお勧めできません。女性のサバ読みが度が過ぎているケースも多く、20歳くらいサバ読みしていることがあるからです。これはやりすぎです。

アカウント売買

身分証がない場合、アカウントを購入する方もいますがこれもおすすめしません。アカウント売買業者はほとんどが違法で運営しているデリヘル業者であるケースが多く、どこで手に入れたかもわからないアカウントですので、リスクがとても大きいのです。犯罪に関与してしまう可能性がありますので絶対にやめましょう。

安全に活動する場合は交際クラブ

安全に活動をしたい場合は交際クラブをお勧めします。交際クラブの場合は運営会社によって管理されています。個人情報もしっかり管理しているので安全に活動することが可能だからです。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました