パパ活のメッセージの例文と注意点 送り方と返信、やりとりのコツを徹底紹介

パパ活アプリ

パパ活アプリメッセージ例文の読めるコツや作り方を紹介します。最近は交際クラブよりもパパ活アプリが主流になってきました。そのような背景もあるため、パパ活アプリで活動する男女がとても増えています。アプリや出会い系サイトではいいねをお互いに送ったらメッセージ交渉になりますが、上手い伝え方と交渉の仕方が重要になります。実際に顔合わせができるかどうかはメッセージ次第です。

パパ活アプリにおけるメッセージの流れ

いいねをお互いに送ってマッチした場合は以下のような流れになるのが基本です。これはマッチングアプリで活動していた方であればとても流れが分かりやすいです。今回はメッセージにおいて伝え方がありますので紹介します。写真、仕事や趣味などの話しを通して仲良くなる方法、成功方法を情報で解説します。私のやっている伝えかたなど具体的に理解しやすく書いて紹介させていただきます。少なくとも慣れていけば手当をもらうまで簡単にできるようになります。いつでも見つけられるようになります。

  • ①メッセージ内であいさつ
  • ②趣味やお休みの日、お互いの好みを聞く
  • ③交際タイプを聞く
  • ④顔合わせの打診
  • ⑤条件交渉

条件交渉まで終わればだいたい顔合わせまで行くことができます。そこまで何往復もメッセージのやり取りをしなければならないため面倒かもしれません。最後は金額の話しになり、可能であれば顔合わせが入ります。顔のアップ、心がけなどを通してアプローチが始まります。

初回メッセージ

初回メッセージは一番大事なところ。ここで変な文を送ると大体ブロックされていきます。以下のような文が賢明です。魅力のある文面を書くと他と別に差別化できてあなたにパパ活としてのお仕事のオファーが多くなるでしょう。

  • はじめまして、よろしくお願いいたします。

NG例としてはいきなり、交際タイプの希望を言ってしまったり、条件を提示してしまうパターンです。それ以外にもいきなり顔合わせを提案してしまうと相手からすれば引いていくでしょう。このパターンは下半身がすぐに反応してしまう男性がやりがちです。また、顔合わせ1業者も初回からいきなり「顔合わせ1でお願いします。」と言ってしまうケースが多いですが、このパターンもブロックされます。

パパ活アプリの顔合わせまでのメッセージ例文

女の子の場合、必ずマッチングしてから顔合わせまでのメッセージとしてはできるだけ順序立てをして意識して会話をしていくことが好ましいです。できるだけ丁寧に会話をして、アピールして相手と歩調を合わせていくことが重要です。条件などは気持ちなので、聞かれたら伝えるほうがいいです。ガツガツ行くと男性が引きます。絵文字や顔文字などは最初は要らないです。

プロフィール拝見しました。

まずは昼間のカフェデートや食事デートから、気軽にお話をしてお互いを知っていければいいなと思っています。よかったらメッセージのやり取りから始めませんか?楽しみにお待ちしております。

返信のコツ

返信連絡はできるだけ早い方がいいです。返信が数日滞ると、相手はもうあなたを諦めます。そのためはやく送りましょう。早く返信をして伝えることで印象もよくなります。お礼もしっかり併せてしましょう。断りを入れる場合もできるだけ早い方がいいです。最後に「楽しかった」とか「嬉しい」とか「ありがとう」などとお礼を言うと好印象です。問題はお断りするケースです。アプリの場合は他と同時並行で相手を探していることが多いので、断る際は「ごめんなさい」など、謝罪とお礼も添えて返事をしましょう。

申し訳ないのですが、他の方で交際を決めてしまいました。今までやり取りありがとうございました。

パパ活アプリで顔合わせを誘うときのメッセージ例文

ある程度会話が進んで、顔合わせになるときは以下のように、なるべく日時を提案、設定していく形がいいでしょう。ここでポイントになるのは、日時の提案はできるだけ2つ、3つとやっていくことが重要です。自分の提案した日時に相手が合うとは必ずしも限らないからです。常に相手の様子をうかがいながらゆっくり話を進めましょう。会いたいときの内容としては以下のような文章になります。言葉はあまり積極的すぎると、相手が引くので注意です。

〇日の〇時、もしくは〇日の〇時あたりがお互いに都合がお互い良いですね。はじめはカフェで軽くお話してみませんか? ご一緒になれることを楽しみにしております。よろしくお願いします。

LINEの交換

パパ活アプリを使用している場合はLINEの交換は顔合わせをするまでやらないほうがいいです。というのも、パパ活アプリでは防犯のために運営側が常時メッセージを見張ってくれているため、安心だからです。LINE交換は男性からよく提案しがちですが、これをやってしまうと、女性側から「業者」だと思われてしまい、警戒されるリスクが高いのです。以下の記事でも紹介していますが、男女ともに業者は邪魔な存在でしかありません。

食事、お茶

最初はホテルとかありえないのでお茶か食事を指定します。ホテルを指定してきた場合は100%個人風俗嬢か、違法デリヘル業者しかありません。相手にしても無駄なのでやりとりをやめましょう。時間の無駄になります。大切なお誘いですが、書くときはお話しは慎重にいきましょう。ギャラ飲みとは違って、絶対に手当がもらえるわけではありません。少なくとも与えるに値すると言うことを証明しなければなりません。

日時候補

日時は目的によりますが、今日はありえないのでやめましょう。切り出し方として挨拶やご飯の日程、日時指定は一般的に数日後のシチュエーションが妥当です。日時は複数候補を上げるとベストです。時間帯をいきなり今日を指定してくる場合は、業者である可能性が高いです。大丈夫であろう日時を指定すれば相手とスムーズにあわせやすいです。もし予定が合わない場合は再度提示しますのでチェックしましょう。

場所

待ち合わせ場所はできるだけ両者が会いやすい所で決めることにしましょう。もちろんどうしてもすごく都合が悪い場合は相手に会える違う場所を決めてもらっても良いです。お店は悪い印象のところは避けましょう。初めのほう、それぞれ慣れるまでは人の多いお店が良いです。その後は流れで好きなようにできます。

バックレ、ドタキャン防止

これから直前の約束でもない限り、約束の前日や当日にはかならず再度確認のメッセージを送信しましょう。テクニックとしてリマインドをあらかじめしておくことでドタキャンやバックレを防止することができます。お返事が来れば、相手に積極的に会うという良いイメージ、楽しい印象を与えやすいです。せっかく約束したのに逃げる人は多いです。期待したのに一緒に過ごせないこともありえます。

パパ活アプリで嫌われるメッセージ例文

そして最後に、メッセージ内でのやり取りにおける嫌われる、既読無視されやすいメッセージの例文をいくつか紹介します。安全に出会いたければ以下のパターンは注意です。出会うさいに上から目線、コピペ、詐欺などのアプローチはシンプルにはっきり無視されます。非常に色々嫌われて通報されることもあります。あと使って逆に危険なのがあおりや暴言。これは終わってて公式サイトからアカウントBANの可能性もあります。良く感謝しているような物腰が好ましいです。

一行レス

一行レスとは、基本的に相手の質問に答えるだけで、自分から話題も振ることがない受け身的な会員を指します。この例は圧倒的に女性が多く、何を質問しても以下のような回答しかしません。このようなタイプの場合、顔合わせになったとしても、とても会話に苦しんでしまうことが多く、つまらない形になってしまうケースがほとんど。この1行で済ませるタイプは遭遇する頻度が高いです。

  • はい、そうですね

顔合わせ1

女性会員でよくありがちなのが顔合わせ1詐欺。メッセージ内で、まるでオウムのように「顔合わせ1でお願いします」と言ってくるのです。もうこれはパパ活男性にも詐欺の手口がばれており、このメッセージを送られたとたんに既読無視されるようになっています。マニュアルにして活用している悪質な女子が多いです。選んでいくさいに心配ならこの誘いをしてくる女子をブロックすればOKです。オンラインでは普段からプロも多数紛れていますので注意です。

大人の関係を強要

男性のほとんどは肉体関係を望んでいます。しかしメッセージ内の交渉の段階で「大人!大人!」と騒ぐ男性は多いようです。これをしつこく問われると女性もさすがに嫌になります。最後には既読無視されてしまい、ブロックされてしまうケースも多くあります。試しに一言入れて触れるだけでもNG。今後の出会えるチャンスを潰します。

事前にお金を要求

月極契約を希望する女性にありがちなのが、会う前にいきなりお金を請求するパターン。会ってもいないような相手にいきなりお金を請求されれば誰でも嫌になるでしょう。このような女性はほとんどが詐欺師で振り込め詐欺のようなものなので、無視されるのが落ちです。もう少し工夫すればバレないのに、と思うのですが、あからさまに要求してきます。始めるさいにいきなり負担を強いるパターンは避けたほうが良いです。

暴言

暴言は男女ともにあります。通報機能がパパ活アプリにはあるので、通報されているユーザーかどうかは事前に確認しておきましょう。悪く暴言を吐くような連中はどうしようもないケースがほとんどですから相手にしないようにしてください。できれば通報をして、コンテンツから排除して欲しいものです。理想なら運営に通報が好ましいです。

パパ活アプリはどこがおすすめなのか?

パパ活アプリで利用者のランキングの高いのは以下の3つが基本です。初めての方にお勧めで本当に会員数が多く、やり取りもスムーズで上手です。ただし太パパなど素敵な富裕層の場合は聞いた感じ、余りアプリは使わない傾向にあります。出会えるための対処法としてはとにかく数を打っていきましょう。パパ活アプリだと身バレリスクもありません。

アプリ男女比 男性の月額料金URL
シュガーダディ(Sugardaddy)3:7一般会員:8,000円シュガーダディ
ペイターズ(Paters)2:8一般会員:12,000円【paters】
ラブアン(Love&)4:6一般会員:5,980円Love&(ラブアン)
パトローナ(Patrona)4:6一般会員:5,478円リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)
パディ(paddy)3:7一般会員:8000円安全にパパ活するならpaddy67
PJ3:7一般会員:9,800円マッチングアプリはPJ
ドロシー(DROSY)3:7一般会員:5,980円エリート大人の匿名マッチング「DROSY」
ぺリア(Peria)3:7一般会員:8,800円Peria

シュガーダディ

シュガーダディは3,000万人以上の登録者を誇る日本で最も人気のパパ活アプリの一つです。2015年に運営開始されたということもあり、とても認知度が高いです。スマホ版がないのでちょっと使いにくさがあるかもしれません。

ペイターズ

ペイターズは株式会社amicaによって創設されたパパ活アプリです。会社のオーナーが女性であることから一時期メディアにもかなり取り上げられており、女性会員がとても多いのが特徴です。また、ごく一部ですが、恋愛希望の男女も混ざっていますので、マッチングアプリの一面も持っています。

ラブアン

ラブアンとは2019年に誕生した後発のパパ活アプリです。会員数が急激に増えていて今1番勢いがあり、ペイターズやシュガーダディはこのラブアンに抜かれていく可能性があります。ラブアンの最大の特徴はプロフィールに動画を載せることができるため、相手会員は動画を見ることで雰囲気を知ることができます。忙しいときはLINEでの通知機能もあります。

パパ活アプリは活動するにはリスクが多い

以上のように、パパ活アプリや出会い系サイトは全体的にリスクが多くあります。業者や詐欺師がたくさんいますので、それが嫌であれば交際クラブがおすすめです。交際クラブには業者もサクラもいませんので安心です。無難にいって、失敗したくなければあくまで交際クラブでの付き合いが良いでしょう。悩みやトラブルが少しあっても運営会社がカバーしてくれます。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました