パパ活は夜職(キャバ嬢、風俗嬢)もするのか? 活動する人の理由、特徴について解説

パパ活女性

パパ活をしているのは、一般人だけではありません。風俗やキャバクラなど、夜の時間帯をメインに仕事をしている職業の方もたくさんの人がパパ活市場に参入しているのが実態です。そんな夜職PJはパパ活男性から評判はいいのでしょうか?その実態について語っていきます。

パパ活における夜職とは?その意味

夜職というのは、一般的にキャバクラ、ホスト、ラウンジ、ガールズバー、スナックなどの仕事をしている方の総称になります。しかしメインは性接待がほとんど、風俗をまとめた呼び名になります。夜に働いているから夜職というわけではないのでここは注意です。例えばコンビニスタッフや工場、さらには24時間のカスタマーセンターなどのスタッフは夜職ではありません。一般的には夜職とは水商売を指します。

水商売とは?

水商売は、自分の成績次第で収入が変わってくる商売です。主には自分の容姿レベルや年齢によって相手からもらえるお手当が変わってきます。そういう意味ではパパ活とそれほど変わりません。ホストやキャバクラなどの商売は、お客様の人気や気分、世間の流行によって手当てが変わってしまうことから、水商売と呼ばれるようになったのです。

夜職PJとは?

夜職PJとは上記でも説明した通り、キャバクラや風俗などをメインに働いている女性を指します。ほとんどの女性は空いた時間を使ってパパを探しており、かなり男慣れしていることが特徴としてあるでしょう。ある程度女性慣れしている男性であれば夜職女性を見抜くことは簡単です。

パパ活における夜職PJの特徴はある?

夜職PJは一般人のPJと明らかに違うところが多くあります。中には働きながらパパ活をやってる感じの人もいます。稼ぎ時で店での給料も普通ではないことから、他の人よりも異常さが際立ちます。20代だと勤務して客に体を使って奉仕をしているからなのか、相違点の情報を紹介します。業界でも短時間で高額をもらっているため、リアルで危険性が高いです。

吹っ掛けてくる

夜職PJの特徴としては、食事、お茶、大人の関係いずれにしても相場より高いお金を吹っかけてくるケースが多いです。男性慣れしていることと、値段交渉も手慣れているケースが多いため、いきなり高い値段でお手当を要求してくるのです。そして男性側が値下げ交渉をすると、食いついてくるのも特徴です。夜職PJは個人風俗嬢などとかなり性質は似ています。

マグロ

特に風俗やデリヘル嬢の場合は大人の関係になると、夜職であることがとても分かりやすく判明します。ホテルへはいると、相手のことを気遣うこともなく、堂々とシャワーを浴び始めたりします。一般人の素人PJはそこまで慣れていませんから、相手の出方をうかがってから行動するのが常。また本番プレイも慣れていますので、マグロが多いです。パパからすると残念なケースが多いです。

金銭感覚がおかしい

夜職の場合、昼のお堅い仕事とは違ってお金を稼ぐことが比較的簡単です。それもあって金銭感覚が狂っていきます。実際に交際をしてみるとわかりますが、同年代の一般女性と比べると、明らかに浪費癖がついてしまっているタイプが多く、豪快にお金を使ってしまう方が目立ちます。最近は時給の感覚で同伴して接客してきます。効率よく安定して稼げるのでちょっと感覚が異なります。

パパからは不評

どうしてもパパは素人女性を好みます。恥ずかしそうな仕草を見たり、慣れていなくて緊張している様子を見ると、パパも女性をサポートしたくなってしまいます。しかし夜職PJは色々な意味で男性に慣れてしまっていますから、男性からすると、がっかりしてしまうことが多いです。定期パパを持つことも難しいので会うこともなかなか厳しいです。

男性を見下すPJもいる

特に風俗嬢などはこの考えが根強いのですが、大人の関係を望む男性を見下す傾向があります。大人の関係を望む男性というのは非モテか、まともな女性も見つけられない男性というネガティブな見方をしていることが多く、日ごろから男性を見下してしまうのです。中年男性に対して敵対心を持っているPJもいます。

パパ活夜職PJの会員たちを見抜く方法,対策

夜職PJをパパ活アプリや出会い系サイトで見抜く方法、コツは以下のようなものがあります。キラキラした女の子は注意です。夜職だとドカタなんて呼ばれ方もしています。初めての方は良い参考にしてみてください。キャバ嬢は始めるさいはアルバイトの出勤のような感覚で活動しているためお客さんに求める報酬もちょっとおかしいです。基本は少し要求の報酬が高く、すぐに気づきます。

パパ活アプリで活動

現役夜職PJの場合はシュガーダディ、ペイターズ、ラブアンのようなパパ活アプリで活動しています。夜職PJの場合はそもそも交際クラブに登録ができないので、不利なのです。そのためしぶしぶ出会いをアプリやSNSで探して活動しているケースが多いです。キラキラした写真があれば間違いなく夜職です。募集投稿もよくかけています。

初日からホテル

特にデリヘルや風俗嬢の場合は、倫理的に壊れている子も多く、顔合わせの日からいきなりホテルに行くケースもあります。初回からホテルの場合はほとんどが違法デリヘル嬢や美人局ばかりなのですが、個人風俗嬢や夜職PJも一定数混ざっています。プロフィールやメッセージ内で使う言葉も悪いケースが多いです。

手当額の希望が高い

夜職PJの場合、お小遣い手当額の希望が一般人よりも高い傾向にあります。これは金銭感覚がくるってしまっている点が拍車をかけています。大人の関係、セックスで10万円を希望したり、食事だけで5万円くらいを平然と要求してきます。稼げない金額提示をしたら相手を罵倒する人もいます。

アカウント

アカウントなどは買い取っているケースもあります。夜職だと身分証も提示できないため、第三者から買い取ることがあります。マッチングアプリにいる夜職も同様のケースが多いです。出会い系サイトもイククルやワクワクメールなどで夜職がアカウントを買い取って活動しています。

パパ活夜職PJ会員たちを避ける方法

以上のように夜職PJは、男性から見ても微妙です。夜職PJを避けるためには登録をNGにしている交際クラブなどが一番最適になるでしょう。交際クラブの場合は登録女性がほとんど素人になりますから、男性の好みばかりが揃っています。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました