パパ活はみんなしてる?女子の人がするその理由

デート中の男女の光景イメージ パパ活女性

パパ活女子とは昔でこそあまり知られていないワードでしたが学生でもみんなしているようですので本記事で紹介します。しかし今では一般化されてきており、ほとんどの女性がやったことがあるとも言われています。正確なパパ活経験率はわかりませんが、昔よりも多くの若い女性がパパ活をやっている傾向にあるのが実態です。

パパ活はみんなしている?

パパ活はみんなしている?と言えば昔よりは比率は上がっていると思います。パパ活は昔でいう割り切りの関係でしたが、この割り切りの関係はPCMAXやハッピーメールなどの出会い系サイトでの限定のお話でした。そのため、知っている方も少なく、実際に活動している人もほとんどいませんでした。

しかし2010年代にパパ活という言葉がユニバースクラブによって戦略的に広められると、若年女性を中心にとても流行するようになったのです。パパ活はアプリも登場したことによりさらにメジャーになりました。そしてキラキラパパ活女子というアフィリエイターが大量に登場したことによりさらに認知されていったのです。

経済衰退の背景

そもそもパパ活が流行しているのは日本の衰退と関係しています。日本は自民党の悪政の影響で、長期にわたる不景気が続いています。そのため、お金に困っている若年女性が急激に増えており、これらの層がパパ活に手を出すようになったのです。結果的にパパ活のブームを生んでしまっているわけです。勿論自民党に投票している日本人が悪いという話にはなるのですが、とても深刻な日本経済の醜態がパパ活ブームを生んでいるともいえるわけです。

詐欺の急増

近年のパパ活は詐欺も増えてきています。一般人が増えているということはそこに付け入る詐欺師や業者なども増えます。美人局だけでなく、マルチ商法や夜職スカウトなど、利用するには気を付けなければならない人たちが大量にいるので、注意しなければならない実態です。

中高年女性の参入

援助交際と言えば、若い女性と中年男性の関係がメインとなっていました。しかしいまではそうともいえなくなってきています。パパ活は一般化してきており、中年女性と高齢男性の組み合わせも出てきているからです。中年女性は中年男性は需要は一切ありませんが、高齢男性であれば需要があるため、相場は安いものの、一定数の活動者がアプリや交際クラブでも見かけるようになりました。

地域や学校によって違う

パパ活は今や若年女性のほとんどが知っているし、手を出しているとも言われていますが、これは学校のレベルや都市によっても違います。学力の高い学校では、モラルも高く、家庭の経済事情にも恵まれているケースが多いですから、パパ活をする女性というのはとても少ないです。しかし学力の低い不良が多い学校では手を出している女性はとても多くなります。これは同様のことが地域でもわかれてくるわけです。田舎ではそもそも人目があってパパ活ができないというのもありますが、都市部では人も多いですから、こっそりパパ活をしているケースが多いのです。田舎の方が男女とも保守的なのは間違いないです。都市部のほうが色々な意味で崩れています。

男性優位の業界である

活動において富裕層の男性と女性と言う組み合わせです。貧困男性や普通の男性は活動をしないため、富裕層に限定されます。その一方で女性は誰でも参加してきます。そうなると男女比率は圧倒的に男性優位となるわけです。男性が3としたら女性は7はいます。アプリなどではそれ以上に女性が多いアプリもあります。男性はお金を出さなければなりませんが、女性を選び放題になるため、市場では有利に活動することができます。

交友関係の属性

上記のような地域や学校の学力に影響されているパパ活経験率ですが、交友関係にもかなり影響を与えています。例えば、周りが富裕層だらけの環境であれば、誰もパパ活なんてことはやりません。しかし周囲が非行少年、少女のグループばかりであったり、夜職の比率が高い環境であると、経験者はとても多くなります。このようにどのような人たちと関係しているのか、で経験率はかなり変わってきます。

容姿レベルが低くても活動可能?

援助交際のたぐいは容姿レベルが高い女性に限られていました。それは容姿レベルが高い女性ほど、男性からの需要がとても高いから。しかし近年は容姿レベルが低くても活動をする方も増えました。これは参入する男性の絶対数も増えていますから、供給量も増えており、容姿に問題がある女性でもお金をもらえる機会が増えているのです。そのため、今はかなり敷居が低くなっているのです。

時間がある時にでも活動できる

パパ活は時間がある中で、活動が可能です。最近は学生でも社会人でも始めてる方がいるようです。結果として相手に接客をして隙間時間でお金を稼げます。学生でも仕事としてたくさんの相手と会話などをして、関係を持つ方もいるようです。現在は無料で登録ができて、大学などに通いながら男との行為の一つで稼げる感覚ですから、エッチを求める相手がいればある程度収入が見込めるのです。

パパ活アプリがおすすめ

出会い系サイトよりもパパ活アプリがおすすめです。なぜなら利用の目的がパパ活に特化しており、出会い系サイトよりは高年収のリッチな男性が多いからです。手当も出会い系サイトよりは割高です。シュガーダディ、ペイターズ、ラブアンがメジャーの3社になります。女性は完全無料です。やり方は登録してプロフィール作成、設定してマッチングして会うだけ。

アプリ男女比 男性の月額料金URL
シュガーダディ(Sugardaddy)3:7一般会員:8,000円シュガーダディ
ペイターズ(Paters)2:8一般会員:12,000円【paters】
ラブアン(Love&)4:6一般会員:5,980円Love&(ラブアン)
パトローナ(Patrona)4:6一般会員:5,478円リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)
パディ(paddy)3:7一般会員:8000円安全にパパ活するならpaddy67
PJ3:7一般会員:9,800円マッチングアプリはPJ
ドロシー(DROSY)3:7一般会員:5,980円エリート大人の匿名マッチング「DROSY」
ぺリア(Peria)3:7一般会員:8,800円Peria

もっとおすすめは交際クラブ

お勧めなのは交際クラブです。お手当が高いこと、富裕層男性がとても多いこと、さらには運営会社によってしっかり管理されていることが理由としてあります。これからパパ活をしたい方は交際クラブに登録をしてみましょう。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました