Patrona パトローナは危険? パパ活アプリの特徴と評判 業者を避ける方法

パパ活アプリ

Patronaはパパ活アプリのサービスですが、実際の登録、利用にあたって男性、女性の特徴や評判や口コミを記事で徹底解説します。Patronaは出会いアプリではあるものの、パパ活に特化したサービスとなっているため、男女共にお勧めできます。ただし業者が多いのでこれらの存在を排除して活動する必要があります。

Patronaとは? 新しいパパ活アプリ

Patrona(パトローナ)は出会い系アプリとされていますが実際はパパ活アプリとなっています。比較的新しいアプリとなっており、2021年に創設、まだまだこれからと言った印象があります。使い方は他のアプリと同様で、異性にいいねをして、お互いにいいねを付ければメッセージのやり取りが可能になるというもの。18歳以上が利用対象になります。まだ新しいため、マッチングアプリなどのよくあるランキングには登場しないアプリですが注目されています。

運営会社株式会社ジーク
URLリッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)
設立年2021
女性料金完全無料
男性料金1ヶ月4,980円
所在地東京都中央区銀座1-12-4N&E.BLD.7階
インターネット異性紹介事業届提出済受理番号:30210067-000
利用環境WEBサイトのみ
スマホアプリ版なし
基本機能会員検索
マッチング後のメッセージ
24時間365日監視
通報機能
会員数非公開
男女比3:7

Patronaの料金プラン(男性会員のみ)

Patrona(パトローナ)は女性は完全無料で使用可能ですのでお金はかかりません。男性会員の場合は、プロフィール閲覧はできますが、有料会員にならないとメッセージの送信ができません。そのため、必然的に有料プランになります。料金の支払いはVISA、JCB、Dinners、American Expressに対応していますが、銀行振り込みや電子マネーには非対応です。

料金プラン
男性有料会員プラン1か月 4980円

Patronaの特徴と主な機能は何がある?

現在Patrona(パトローナ)の特徴の詳細としては以下の点がありますので不安な方は参考にしましょう。目的に応じた出会いがあり、始めることができます。男性向けでもあり女性向けでもあります。会員はまだ少なく、選択は少ないですが、それなりに出会いが期待できます。悪い評判、良い評判、両方ともあります。トラブルなどはなくスムーズにアプローチができます。

年齢層

Patrona(パトローナ)は男性会員の場合は30代から60代あたりまでの高収入が活動している印象です。職業は会社員、会社経営者、フリーランスなどが多いです。年収は600〜800万円の層が一番厚く、会社員が多い印象です。女性の場合は18歳の女の子から30代あたりまでがとても多く、40代、50代になると登録者がだいぶいなくなります。女性は学生が多く、生活費や学費を援助してほしい人が一番多いです。

ユーザー数が少ない

Patrona(パトローナ)はまだ新しいサービスであるがゆえに知名度がそれほど高くありません。それがゆえに純粋に異性を探しているユーザーが少ないです。この一方で、ラブアンやペイターズなどにいる常連のセミプロ、投資詐欺師や夜職スカウト、違法デリヘル業者などの邪魔な業者たちが登録しているため、会員検索の際は注意が必要になります。ライバルが少ないのでチャンスです。

ユーザーはほぼ首都近郊だけ

Patrona(パトローナ)は東京都内や都内近郊などの首都圏に住んでいる人がたくさんいます。そのため、地方在住の方にはこのアプリはあまりお勧めできません。地域によってはほとんど会える会員がいません。

利用料金が安い

Patrona(パトローナ)の最大のメリットは利用料金がメジャー3社に比べると明らかに安いということ。そのためあまり予算のない男性の場合はこのアプリはとてもお勧めです。

1か月料金
Patrona4980円
シュガーダディ8000円
ペイターズ12000円
+ゴールド会員: 24000円
ラブアンゴールド会員:5980円
プラチナ会員:17800円

検索機能が優秀

Patrona(パトローナ)の最大の魅力はシステム条件検索機能がかなり細かくなっているため、検索機能がとても使いやすいです。以下の項目を指定してユーザーは検索ができます。マッチングアプリ並みに探すのが簡単になります。ミスマッチを避けることができます。

  • 年齢
  • 身長
  • 体型
  • 年収
  • 職業
  • 最終学歴
  • 会いやすいエリア
  • 会いやすい曜日
  • 出会うまでの希望
  • お付き合いタイプ
  • 性格
  • コミュ力
  • 結婚
  • 子供
  • お酒
  • タバコ
  • 最終ログイン
  • 有料会員のみ
  • 登録日が3日以内
  • 年齢確認
  • メイン写真の有無
  • サブ写真の有無

監視体制

Patrona(パトローナ)ではサイト内を24時間365日体制で運営が監視チェックを行っています。しかしその一方で既存ユーザーが違法デリヘル業者などにアカウントを売買しているケースもあるため、写真掲載されている人物と実際に会うときに別人がやってくるという事象も発生しています。健全で安全に出会えるアプリです。

身バレ防止

Patrona(パトローナ)は身バレの防止機能が充実しています。プライベートモードはプロフィールを相手に表示させなくする機能でユーザーが設定できます。マッチングをした相手にのみプロフィールを公開することが出来るのでとても便利です。

  • ニックネーム登録OK
  • 写真掲載は任意
  • プライベートモード機能
  • ブロック機能

Web版だけ

Patrona(パトローナ)は今時のアプリとしてはとても珍しいといえます。アプリはリリースされていません。そのためユーザーはウェブブラウザから起動して使うことになります。

お手当相場

Patrona(パトローナ)はお手当相場はパパ活アプリ平均的レベルです。高いわけでもなく低いわけでもありません。以下のケースは20代女性を想定していますので、30代、40代となると低くなります。相場が普通なので、太パパはあまり多くない印象です。手当額を上げたければデートクラブのほうがいいでしょう。食事だけのデート希望は難しいです。

媒体顔合わせ手当額お茶、食事手当額大人の関係手当額
交際クラブ5,000円~2万円1万円~3万円3万円~10万円
パパ活アプリ2,000円~1万円5,000円~2万円2万円~5万円
出会い系サイト0円~1万円0円~1万円1万円~1.5万円

Patronaの口コミと評判はどうなのか?

Patrona(パトローナ)はまだリリースされてから、まだ浅いのでSNSなどで口コミ等はあまりありません。Twitterからの引用でいくつかピックアップしています。サポートは充実しているので理想の相手を見つけることはできます。

リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)

Patronaで出会う方法と業者を避ける方法

Patrona(パトローナ)はまだリリースされてから年月が経っていないので、男女ともに会員数がそれほど多くないのがデメリットです。純粋に異性を探している会員が少ない一方で、業者は手あたり次第、アプリに登録してきますので、これらのマイナーサイトは必然的に業者率が上がってしまうのがネックになります。

そのため男女ともに最初に避けなければならないのが業者です。業者は以下の記事でも紹介していますが、夜職スカウト、投資詐欺師、マルチ商法、違法デリヘル業者、さらには個人風俗嬢などを指します。これらの業者をまず排除しながらの活動になるでしょう。

そして次に排除しなければならないのが顔合わせ1詐欺です。この詐欺手法はキラキラパパ活女子(業者)によって拡散されているため、男性は特に避けなければならないです。顔合わせ5000円、1万円を要求して来たらスルーしましょう。女性はこのような行為をしている場合は、冷やかしのような例を除いてまともにあってくれる男性はいませんのでやめておきましょう。

そして、上記の存在を除外しながらの活動になるため、手数は増えてメッセージのやり取りは増えてしまいますが、これをやらないと普通の異性と会うことは難しいでしょう。また男性会員の場合、このアプリ自体が会員数が少ないため、2か月程度使ったらもう女性会員がいないという事態になりますので、課金は長期にわたってやらないほうがいいかもしれません。新規入会もあまり多くないからです。

Patronaの登録方法はどのようにやる?

Patrona(パトローナ)の登録方法は以下のリンクから可能になっています。公式サイトから「今すぐ無料登録」ボタンを押す⇒基本情報を入力⇒電話番号、パスワードを入力⇒SMS認証で登録完了です。利用者は東京に十分集中しており、このエリアの方には最適です。セキュリティもしっかりしており、身バレの心配もありません。

リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)

Patrona(パトローナ)

会員登録後、年齢認証をしないと相手へメッセージを送ることができません。女性は公的証明書、男性はクレジットカード決済による証明確認がおこなわれます。運転免許証、健康保険証などを用意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました