パパ活は主婦でも可能? 既婚者でも稼げる理由、メリット、注意点を徹底解説

パパ活女性

パパ活は主婦でも可能? 既婚者でも稼げる理由やメリット、注意点を記事で徹底解説していきます。高収入を得られるなら主婦・子持ち女性もパパ活がしたいと考える方は多いのではないでしょうか?そこで参考に、主婦が実際にパパ活ができるのかどうかを記事で解説します。

主婦でもパパ活はできる? 理由を解説

パパ活女子と言えば、10代や20代の女性をイメージする方がほとんどになります。しかし実は主婦もパパ活をすることは可能です。とはいっても、相場よりも高い手当を要求したり、自分より年下のパパを求めたりしなければと言う条件が付きます。家では夫の収入では欲しいものが買えないということも多く、効率よくお小遣い稼ぎをしたいと考える主婦は多いです。以下の点が理由としてありますので一覧で紹介します。

年齢によって変わる

主婦でも活動は可能です。しかし注意点しては年齢によります。20代や30代の主婦であればまだ最初、パパ活は可能ですが、これが40代、50代となると、始めるにしても70代くらいのパパを探さないと難しいのが実態です。年下のパパが欲しいとか、20代でもらえる手当てよりも多くを要求すれば年増の女性に需要はなくなりますので注意が必要です。

普段と違う体験ができる

主婦の中には夫との関係がマンネリ化してしまったケースがあります。少し、独身の気分で一緒にデートがしたいと思うこともあります。毎日家の中で家事などの同じことの繰り返しで、生活の中で刺激を感じることがありません。そのため、モチベーションが高く、リッチな紳士を楽しませるために主婦はとても頑張りますので、パパにも気に入られやすいと言う点があります。

高額な手当ではないから

敢えて若い女性ではなく、30代や40代の女性をパパが選ぶとしたら、それは手当ての安さです。若いパパ活女子に比べてパパ活をする主婦は相手としてみれば相場の金額が安くなりますからこれさえ理解して大丈夫で許容できれば、あまり予算のないパパからはとても需要が高まりますのでチャンスです。無料でサービスして手当をもらって生計、家計を助けることになります。

大人の女性ならではの魅力

主婦の場合は大人の女性ならではの魅力があります。美意識の高い余裕のある30代などの女性は色気がある分、40代や50代のパパから実はそこそこ需要がありますので稼げる可能性もあります。もちろんこれは容姿のレベルが高いこと、自信があることが前提条件となります。またあまりにも若い女子だと、パパ側からしても何を話せばいいかわからなくて困ることも多いため、次は30代くらいの女性は狙われやすいです。

手当のもらえる相場はどれくらい?

では実際にもらえる手当てと言うのは相場の感覚でどれくらいなのでしょうか?目安ですがパパ活アプリだと以下のようになります。ただし富裕層が多い交際俱楽部であれば、リッチな紳士が多いですのでもっと高い手当がもらえます。ここで注意なのはあまり高い手当を交渉して望まないことです。どうしても主婦では若い女の子には劣るからです。オファーをもらうには安さで勝負するしかありません。

顔合わせ5000円~
食事のみ5000円~
大人の関係1.5万円~2万円

デメリットはどのようなものがあるのか?

パパ活におけるデメリットはあるのか?というと以下のようなものがありますので注意しましょう。時間があるときに見てみてください。本名や住所などバレずにやるのが基本的です。重要なのは秘密での付き合いとはいえバレると心配です。専業主婦で探す場合、仕事で対応する場合はたくさん伝えるべき注意する情報があります。

離婚になる可能性がある

主婦でパパ活をするとなると、結婚して旦那がいます。バレたら発展して慰謝料を請求されたり、離婚の可能性があります。パパとデートをしていたりスマホでLINEで話のやり取りの内容をしていたりするのをうっかり夫に見られると、ただではすみません。いくらお金を稼ぐことができても、不倫になりますから絶対、倫理的には問題があります。友達にもばれる可能性があります。地方だとお互いばれやすいです。

肉体関係を求められる

ある程度中年に差し掛かった主婦がパパ活となると、お茶やレストランで食事だけでデートは100%ありえません。必ずパパ活では肉体関係を一番で求められることが普通です。仕方なくでも体での肉体関係に応じた方がただのデートよりもかなり稼いでお手当がもらえるのでメリットでもあります。場所はホテルになり夜に家族に隠してセックスを行ってれば食事よりももらえます。

金銭感覚が狂ってしまう

パパ活においての最大のリスクは金銭感覚が狂ってしまうと言うこと。節約志向だったはずなのに急に金が増えてくると使い方が荒くなります。また生活レベル水準も落とせなくなりますのでかなり危険です。ブランドバッグや高価なアクセサリーなど高級な買い物でプレゼントをもしもらって身につけるようになると、特に危険な傾向があります。

男女のふれあいの時間

出会い系サイトよりもアプリがおすすめ

以上のようなことがあり、危険が高いので出会い系サイトよりもアプリがおすすめです。なぜなら利用の目的が特化しており、出会い系サイトよりは高年収のリッチな男性が多いからです。手当も出会い系サイトよりは割高です。シュガーダディ、ペイターズ、ラブアンがメジャーの3社になります。女性は完全無料です。やり方は登録してプロフィール作成、設定してマッチングして会うだけ。

アプリ男女比 男性の月額料金URL
シュガーダディ(Sugardaddy)3:7一般会員:8,000円シュガーダディ
ペイターズ(Paters)2:8一般会員:12,000円【paters】
ラブアン(Love&)4:6一般会員:5,980円Love&(ラブアン)
パトローナ(Patrona)4:6一般会員:5,478円リッチな大人の出会い Patrona(パトローナ)
パディ(paddy)3:7一般会員:8000円安全にパパ活するならpaddy67
PJ3:7一般会員:9,800円マッチングアプリはPJ
ドロシー(DROSY)3:7一般会員:5,980円エリート大人の匿名マッチング「DROSY」
ぺリア(Peria)3:7一般会員:8,800円Peria

確実なのは交際倶楽部!

しかしもっと安全なのは交際俱楽部になります。ここなら富裕層男性が多数登録しているからです。運営会社にしっかり管理されているため、業者を完全排除できるメリットがあります。活動においては最もお勧めの媒体です。女性は完全無料ですから稼げるところ。使うなら公式サイトも確認して比べてから使うところを決めましょう。

交際俱楽部男女比男性の月額料金URL
ユニバース俱楽部3:7スタンダード会員
入会金:33,000円
年会費:22,000円
セッティング料金:22,000円
男性会員向け
女性会員向け
ユニバースラウンジ2:8入会金:110,000円
入場料:11,000円
成立料:11,000円
延長料金:5,500円
年会費:55,000円
男性会員向け
女性会員向け
THE SALON1:9入会金:100,000円
年会費:100,000円
男性会員向け
女性会員向け
コンソラトゥール2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円
コンソラトゥール
ヴェルサイユ2:8スタンダード会員
入会金:20,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000~40,000円
ヴェルサイユ
青山プラチナ倶楽部3:7ゴールド会員
入会金:55,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:33,000円
青山プラチナ倶楽部
10カラット2:8ブロンズ会員
入会金:50,000円
年会費:30,000円
セッティング料金:30,000円
ハイクラス男性と夢のような出会いを「交際クラブ10カラット」
銀座クリスタル交際倶楽部2:8スタンダード会員
入会金:30,000円
年会費:20,000円
セッティング料金:20,000円     
銀座クリスタル倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました